ここから本文です

高卒の求人倍率が過去最高

紀伊民報 10/4(火) 17:01配信

 来春高校卒業予定者を対象にした8月末現在の求人倍率が、調査開始の1998年度以降最高の1・06倍だった。同月比では2012年度以降毎年上昇しており、1倍を超えたのは昨年(1・02倍)に続いて2回目。

 和歌山労働局が発表した。求職者数1935人に対し、求人数は2055人。求職者数は前年同月比で137人(7・6%)増えたが、求人者数はこれを上回る220人(12%)増えた。

 8月末現在の求人倍率は、0・74倍の1998年度から悪化。0・29倍だった2003年度を底に、07年度には0・79倍まで上昇した後、09年度には0・53倍まで下がっていた。

最終更新:10/4(火) 17:01

紀伊民報

なぜ今? 首相主導の働き方改革