ここから本文です

出場機会に飢える本田 最終予選2試合は「ある意味でワクワクしてる」

SOCCER KING 10/4(火) 21:33配信

 日本代表は4日、2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の2連戦(6日vsイラク代表/11日vsオーストラリア代表)に向けた埼玉県内での合宿3日目を迎えた。

 同日、イタリアから合流したMF本田圭佑(ミラン)は時差の問題に触れ、「2日くらいの場合はあんまり時差を戻そうとせず、そのまま対応した方が逆にコンディションよくいける。それはロシアでよく経験してるんで」と心配がないことを強調。一方で、所属するミランではここまでリーグ戦で途中出場の2試合にとどまっており、試合勘が心配されているが、これについては苦笑いを浮かべながらも「自分の中ではむしろ久しぶりに試合するってことで楽しみ」とコメント。「すごくポジティブな意味でサッカーを楽しみながら結果を出したい。ワクワクしてますけどね、ある意味」と試合に出場することへの意欲を示した。一方で心配の声には「いかに結果に結びつけるかってことが求められてると思うんで、その心配の声を消せるくらいしっかり結果を出したい」と力強く話している。

 日本代表は初戦のUAE戦に敗れていることもあり、今後もプレッシャーのかかる試合が続く。これまで2度のW杯予選を経験している本田は「悪い意味でのプレッシャーを感じないこと」が重要だと話し、「いかにそのプレッシャーをうまく受け流すか。しっかり抱えられる選手は抱えたらいいけれども、抱えられない選手も若い選手にはいると思うんで、そういうものを僕ら含めて緩和させられればいいかなと思ってます」と若手選手にアドバイスした。

SOCCER KING

最終更新:10/4(火) 21:37

SOCCER KING