ここから本文です

ギグス監督は誕生せず…低迷スウォンジーが監督交代を発表、後任は元米代表監督

ゲキサカ 10/4(火) 7:48配信

 スウォンジーは3日、フランチェスコ・グイドリン監督(61)を解任し、ボブ・ブラッドリー氏(58)を新監督して招聘することを発表した。

 グイドリン監督は、今年1月にスウォンジーの指揮官に就任し、12位でプレミアリーグ残留に成功していた。だが、今季は開幕戦のバーンリー戦こそ勝利したものの、以降の6試合で5敗1分と不振が続き、7日の第7節リバプール戦で3連敗を喫し、17位に転落。これを受けてクラブはグイドリン監督の解任を決断した。

 後任には、元マンチェスター・ユナイテッドのライアン・ギグス氏の噂も報じられていたが、ブラッドリー氏が就任することが決定。同氏は、2006年から2011年までアメリカ代表を指揮し、2010年南アフリカW杯では、ベスト16進出に導いていた。その後、エジプト代表、ノルウェーのスターベクを経て、2015年からル・アーブルを率いていた。

最終更新:10/4(火) 7:48

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています