ここから本文です

[国体少年男子]「悪すぎた」前日から修正、「大阪の10番」MF大垣の攻撃力が脅威に

ゲキサカ 10/4(火) 9:39配信

[10.3 国体少年男子2回戦 大阪府 2-1 富山県 遠野運動公園陸上競技場]

 前日の岩手県戦は試合終盤に貴重な2点目のゴールを決めたものの、大阪府の10番は試合後に厳しい表情を見せていた。だがこの日、大阪で唯一の2年生早生まれである右MF{{大垣勇樹(興國高)はその突破力やパスセンスを発揮。前半から右サイドの突破口となり、打開、クロス、スルーパスで攻撃の中心となった。

 前半アディショナルタイムにはエンドラインギリギリからの折り返しでFW原田烈志(G大阪ユース、1年)のゴールをアシスト。そして「後半は自分がやると言う気持ちで行った」という後半立ち上がりには右サイドでDF2枚を剥がして決定機を演出した。

 前日はサイドFWがDF間に入ってボールを受ける興國高のスタイルとハイサイドを取って相手のDFを広げる大阪府選抜のスタイルとの違いにうまく対応できず。だが前日のミーティング後、個別にスタッフと話しあい、どうプレーすれば良いのかを確認した大垣は「その通りにやったら、自分がフリーでもらえたりしてチャンスもつくれた」。修正に成功し、それを自身の好プレーに繋げた。

 上手く行かない時に冷静さを欠いてしまうシーンも見られるが、持っている攻撃力は抜群。大阪の新鋭・興國高でまだ全国を経験できていない大垣にとってこの国体が将来のプロ入り、年代別日本代表入りへ重要な大会になることは理解している。「個人的には得点王とか狙っていきたい。10番付けているからにはいいプレーを増やしてチームを勝利に導けるようにしたいです」

 年下の1年生たちに弄られたりすることが、またチームを良い雰囲気にしている。注目アタッカーはそのチームメートたちともに結果を残して今大会をこの先に繋げる。

最終更新:10/4(火) 9:39

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]