ここから本文です

W杯出場枠が32→48か国に!? FIFA会長が仰天案を明かす

ゲキサカ 10/4(火) 13:02配信

 国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長が、W杯本大会の出場枠を現行の32か国から48か国に変更する意向を明らかにした。英『BBC』や『スカイ・スポーツ』など複数メディアが報じている。

 今年1月のFIFA会長選で、W杯の出場国枠を40か国に拡大する案を公約に掲げていたインファンティーノ会長だが、今回はそれよりも多い48か国に増やす計画があることを明かした。この計画について会長は、「32チームによるW杯を継続しながらも、48チームがパーティに参加できるようになる。FIFAの考えは世界中にフットボールを広げることで、W杯はその中で最大のイベント。大会以上の存在で社会的なイベントなんだ」と語っている。

 新たに提案された大会方式は、まず16か国がシード国としてグループリーグから出場。シード権のない32か国は、ノックアウト方式の1試合を戦い、ここで勝った16か国を合わせた計32か国で、現行と同じグループリーグを戦うというものだ。ただ、出場枠の増加は大会の価値を下げるとして、一部で反発の声も上がっており、今後議論されることになる。

最終更新:10/4(火) 13:05

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。