ここから本文です

エバートン、前節クリスタル・パレス戦で世紀の珍記録が生まれていた

ゲキサカ 10/4(火) 18:50配信

 エバートンは9月30日、プレミアリーグ第7節でクリスタル・パレスと対戦し、1-1で引き分けた。前半35分にFWロメル・ルカクのゴールで先制しながら後半5分にFWクリスティアン・ベンテケに同点弾を許し、勝ち点3を取り逃したエバートンだったが、この試合である珍記録が生まれていた。

 英『デイリー・ポスト』によると、エバートンは2014年9月以降、リーグ戦77試合にわたって『2-0』の勝利がなかったというのだ。これまでの最長記録が1936年9月と1938年5月の間に行われた78試合。そして今回、くしくも“78”年ぶりに最長記録が再現されることになった。

最終更新:10/4(火) 18:53

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報