ここから本文です

FIFA公式サイトがU-16代表FW久保建英を「アジアの最も有望な選手の1人」と紹介

ゲキサカ 10/4(火) 21:13配信

 9月に行われたAFC U-16選手権インド2016で活躍したFW久保建英(FC東京U-18)をFIFAが公式サイトで取り上げている。

 U-16日本代表はU-16選手権の準決勝でイラクに敗れ、10年ぶりのアジア制覇こそ逃したが、来年に行われるU-17W杯の出場権を獲得。久保も4試合に出場して4得点を記録し、チームの勝ち上がりに貢献した。

 FIFA公式サイトでは同大会を振り返り、優勝したイラクをメインにレポート。しかし、ページのトップに掲載されているのは、準々決勝UAE戦での久保の写真となっている。

 記事では末尾で「最後になるが」と前置きし、「日本の久保建英は元バルセロナの選手として注目を浴びて大会に臨んだ。そして彼はベトナム戦とキルギス戦でそれぞれ2ゴールを決め、期待に応えた。彼は洗練されたボール扱いとプレービジョン、危険なシュートを持っており、2017年U-17W杯でインパクトを残すであろう、アジアの最も有望な選手の1人だ」と称賛の言葉を送った。

最終更新:10/5(水) 0:09

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報