ここから本文です

ロゴタイプ、毎日王冠厩舎情報/美浦トレセンニュース

netkeiba.com 10/5(水) 16:24配信

 毎日王冠(GII・芝1800m)に出走予定のロゴタイプ(牡6・美浦・田中剛)の追い切りが、田辺裕信騎手を背にウッドチップコースで単走で行われた。追い切り後の田中調教師と田辺裕信騎手のコメント。

田中調教師。
「前走(安田記念・GI・1着)は、行けるならハナを切るという考えがジョッキーと一致していましたし、細かい指示は出さなくても本人もわかっていたと思います。武(豊)騎手の馬が控えてくれたこともあって、うまくハマりましたね。それまで惜しいレースが続いていましたし、どこかでハマってくれるのではないかと思っていましたが、それが安田記念でした。

 レース後は疲れもなくて、休ませなくてもいいくらいの状態でしたが、秋に向けて山元トレセンでリフレッシュしました。春はゆるさがありましたが、背中と腰が締まってきました。先週の追い切りは長めからやって平均的に負荷をかけていますので、今週は終いをしっかりやりました。今後に向けても良い競馬をしたいですね」

田辺騎手。
「前走の安田記念は、(ハナを)主張する馬もいないと思いましたので、行けるなら逃げたいと先生とも話をしていましたが、うまくハマリました。中山記念(7着)は初めて乗りましたので、以前と比較がつかずにわからなかったのですが、今考えればモタモタしていました。でも今回は春に比べて全く動きが違っていて、素軽かったです。今回は逃げる馬もいそうですし、正攻法の競馬になると思います。楽な競馬はさせてはもらえないでしょうけど、この馬の力を信じて秋の天皇賞に向けて良い競馬をしたいです」

(取材・写真:佐々木祥恵)

最終更新:10/5(水) 16:24

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]