ここから本文です

VW、米販売店に12億ドル補償…排ガス問題

レスポンス 10/5(水) 1:15配信

米国で販売した一部ディーゼル車に、排ガス規制を不正にクリアする違法なソフトウェアを搭載していたフォルクスワーゲングループ。この問題について、同社と米国の販売店の間で合意した補償内容が公表された。

これは9月30日、フォルクスワーゲングループの米国法人、フォルクスワーゲングループオブアメリカが明らかにしたもの。「排ガス不正問題で米国の販売店が受けた損害の補償に関して、最大で12億0800万ドル(1238億円)を支払うことで合意に達した」と発表している。

今回の問題では、フォルクスワーゲンの複数の米国販売店が、フォルクスワーゲングループを集団で提訴。排ガス不正問題でディーラーが被った損害を、補償するよう求めていた。

8月下旬、両者の間で和解が成立。そして今回、その内容が公表され、フォルクスワーゲンが販売店に、最大で12億0800万ドルを支払うことで合意した。

フォルクスワーゲングループオブアメリカは、「過去、現在、そして将来のフランチャイズバリューにおける損失を解決することは、さらなる利益を生むだろう」と述べている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:10/5(水) 1:15

レスポンス