ここから本文です

巨人・クルーズ“懲罰抹消”に古巣ロッテは驚き「きちんと話せば従った」

東スポWeb 10/5(水) 0:13配信

 3日に出場選手登録を“懲罰抹消”された巨人のルイス・クルーズ内野手(32)に、古巣のロッテがさまざまな反応を見せた。

 クルーズが来日した2014年から巨人移籍までの2年間をともに過ごした伊東勤監督(54)は「ロッテにいた時? 問題はなかったよ」と驚いた表情だ。

「気分に波がある選手。たまに全力疾走をしなかったりとかはあった。でも、その都度“気をつけろよ”と言えば本人は“わかった”と言っていたし、問題が続くこともなかった」と明かした。

 ただ、時には首脳陣との間に微妙な温度差があったのも事実。関係者の話を総合すると、シーズン中にワンサイドゲームになった際にクルーズが「まだ(試合に)出ないといけないのか」とコーチに聞いたことがあったという。その時はコーチの一人が「それを決めるのはこっち(首脳陣)だから」と答えたが、不服そうなクルーズを試合途中で外すこともあったそうで、試合後に話し合いを持ち「コーチとクルーズでケンカみたいな状態になったこともある」(ロッテ関係者)という。

 それでもロッテでは大きな問題には発展しなかっただけに、チーム関係者は「どこが問題なのか、何度も言わないといけない選手ではあった。でも、きちんと話せばすぐに従っていた。今回のことはびっくりしている」。旧知のロッテ関係者は誰もが衝撃を受けた様子だった。

最終更新:10/5(水) 0:13

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。