ここから本文です

【大学受験2017】国公立大学の募集人員12万4,920人、167人増

リセマム 10/5(水) 11:15配信

 文部科学省は10月4日、平成29年度国公立大学入学者選抜の概要を公表した。入学者選抜は168大学579学部で実施され、国公立全体での募集人員は12万4,920人。AO入試は36.8%、推薦入試は77.7%の学部で実施される。

図表:募集人員の推移(公立)

 文部科学省の取りまとめによると、入学者選抜を実施する大学・学部数は、国公立全体で168大学579学部となり平成28年度より2大学4学部が増加した。内訳は、国立が82大学397学部、公立が86大学182学部。

 募集人員は、国公立全体で12万4,920人。国立が9万5,448人と平成28年度比312人減少、公立が2万9,472人で平成28年比479人増加となり、全体では167人の増加となった。

 アドミッション・オフィス(AO)入試については、国公立全体では36.8%にあたる213学部(79大学)が実施。国立では44.6%にあたる177学部(53大学)、公立では19.8%にあたる36学部(26大学)で実施する。

 推薦入試については、国公立全体の77.7%にあたる450学部(160大学)で実施。国立では70.0%にあたる278学部(76大学)、公立では94.5%にあたる172学部(84大学)で実施する。

 公表された数値は、文部科学省が各大学の公表情報を取りまとめた平成28年7月末現在のものであり、その後の状況により変動が生じる可能性がある。

 文部科学省のWebサイトでは、平成29年度に新たにAO入試や推薦入試を実施する大学・学部を確認できるほか、大学別募集人員や国公立大学の募集人員の推移をまとめた「平成29年度国公立大学入学者選抜の概要」を掲載している。

《リセマム 勝田綾》

最終更新:10/5(水) 11:15

リセマム