ここから本文です

山崎賢人&斎藤工 イケメン妖怪に変身 ダンスも注目

デイリースポーツ 10/5(水) 5:00配信

 俳優の山崎賢人(22)と斎藤工(35)が、実写とアニメを融合して描かれる、人気シリーズの劇場版第3弾「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」(12月17日公開)で、最強のイケメン妖怪を演じることが4日、分かった。山崎が金髪のエンマ大王、斎藤が銀髪のぬらりひょんを演じており、ビジュアルが解禁された。

 妖魔界を統べるエンマと、その右腕ぬらりひょんは、妖怪の世界の王とナンバー2。前作では対立し、主人公ケータたちと騒動を巻き起こしたが、今作では力を合わせていく。

 イケメンぶりで子供人気が高い役とあり、山崎は「憧れる存在なのかなぁと思い、楽しく演じさせていただきました」とPR。見どころは2人のダンスシーン。テレビ版の「ようかい体操第一」とは毛色の違う、コミカルな動きで、2人は「注目して欲しいのはダンス」と声をそろえた。

最終更新:10/5(水) 5:00

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]