ここから本文です

山崎賢人がエンマ大王、斎藤工がぬらりひょんに!「妖怪ウォッチ」新ビジュアル到着

映画ナタリー 10/5(水) 5:00配信

「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」の実写パートで山崎賢人と斎藤工が演じるキャラクターのビジュアルが公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

シリーズの劇場版第3弾にあたる本作は、「妖怪ウォッチ」のキャラクターたちがアニメと実写の世界を行き来するハイブリッド作品。実写パートには山崎と斎藤のほか、南出凌嘉、浜辺美波、黒島結菜、澤部佑(ハライチ)、遠藤憲一、武井咲が出演する。

今回山崎が演じるのは、妖魔界を統べる最強の妖怪・エンマ大王。斎藤は妖魔界のナンバー2であるぬらりひょんに扮する。エンマ大王とぬらりひょんは2015年に公開された「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」にも登場し、人間と妖怪の交流について対立し大乱闘を繰り広げたキャラクターだ。

このたび劇中でダンスも披露している山崎と斎藤は、撮影の合間にも振り付けの確認に余念がなかったという。自身の役について、山崎は「本当にかっこよくて、妖怪の世界で一番強くて、一番偉いという妖怪なので、男の子が観ても憧れる存在なのかなぁと思い、すごく楽しく演じさせていただきました」とコメント。斎藤は「非常に深い絆がある2人(エンマ大王とぬらりひょん)を実写で山崎賢人くんと一緒に演じることができて、とても楽しかったです」と述べている。

「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」は12月17日より全国ロードショー。

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

山崎賢人 コメント
(エンマ大王について)本当にかっこよくて、妖怪の世界で一番強くて、一番偉いという妖怪なので、男の子が観ても憧れる存在なのかなぁと思い、すごく楽しく演じさせていただきました。僕達以外にも実写になるキャラクターがたくさん出てきますので、ぜひ映画館でご覧ください!

斎藤工 コメント
(前作では)自分の意見をぶつけて(エンマ大王と)対立していたのですが、今回は、その後を演じられるということでとても光栄です。非常に深い絆がある2人(エンマ大王とぬらりひょん)を実写で山崎賢人くんと一緒に演じることができて、とても楽しかったです。アニメを飛び出して僕ら人間が演じているということで、妖怪ウォッチを更に楽しめると思います! 是非劇場で楽しんでください!



(c)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2016

最終更新:10/5(水) 5:00

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]