ここから本文です

大規模イベント 百貨店とスーパーの売り上げ好調=韓国

聯合ニュース 2016/10/5(水) 8:35配信

【ソウル聯合ニュース】韓国の大規模ショッピング・観光イベント「コリアセールフェスタ」に参加している百貨店と大型スーパーの売上高が、昨年のイベント開催時に比べ10%以上増加したことが5日、分かった。

 コリアセールフェスタは昨年開催された外国人客対象の「コリアグランドセール」と大々的なセールイベント「韓国版ブラックフライデー」を統合させたもので、9月29日から来月31日まで開催される。

 産業通商資源部によると、コリアセールフェスタの最初の5日間、9月29日~10月3日にロッテや現代など百貨店主要5社の売上高は7344億ウォン(約676億円)と集計された。コリアグランドセール中にブラックフライデーが始まった昨年10月1日からの5日間と比較すると15.7%伸びた。

 イーマートやロッテマートなど大型スーパー4社の売上高は5075億ウォンで、同14.0%増加した。

 免税店9店の売上高は1685億ウォンで22.2%増加した。ただ、今年から営業を始めた事業者が含まれ店舗数自体が増えたため、単純に比較することができない。

最終更新:2016/10/5(水) 9:05

聯合ニュース