ここから本文です

マーケティングデータを集約して見える化するレポート作成支援ツール「glu」がTwitter広告に対応

Web担当者Forum 10/5(水) 7:06配信

デジタルマーケティング支援のアタラは、同社が提供する運用型広告レポート作成支援システム「glu(グルー)」が、新たにTwitter広告に対応したと10月4日に発表した。

gluは、Web APIを使ってリスティング広告やディスプレイ広告、アフィリエイト広告、アクセス解析、CRMなどさまざまなマーケティングデータを集約して「見える化」するシステムで、担当者のニーズに合わせて柔軟にカスタマイズしたレポートをExcelで出力できることが特徴。

今回Twitter広告に対応したことで、同広告の配信データも自動的に収集・蓄積し、レポートが作成できるようになった。2016年10月時点で同ツールが対応しているサービスは、次のとおり。

・Google AdWords(サーチおよびGDN)
・Yahoo!プロモーション広告(サーチおよびYDN)
・レモーラリスティング
・Criteo
・FreakOut
・Google Analytics
・Adobe Analytics
・Salesforce CRM
・MicroAd BLADE
・Contents pocket
・AD EBiS
・D2C Performance Ads
・Facebook広告
・DoubleClick Search V3
・Bing Ads
・nend
・ADgainer
・Logicad
・Twitter広告

同社は、今後も広告運用者に役立つアドテクノロジー・ソリューションを迅速に提供していくとしている。

最終更新:10/5(水) 7:06

Web担当者Forum

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。