ここから本文です

「人気凋落」キムタクを振った13人の女

東スポWeb 10/5(水) 6:00配信

 今年いっぱいでの解散が決まっているSMAPの木村拓哉(43)が、ドラマ界一の“嫌われ者”になっている。来年1月からオンエアされるTBS系の日曜劇場「Get Ready!!(仮題)」の相手役がまだ決まらない。しかも、共演をオファーした女優13人に“フラれた”というから、気の毒にもほどがある。かつては高視聴率が約束されていた「キムタクブランド」は、完全に崩壊してしまったようだ。

「キムタク、アウト!!」――。こんな言葉がここ最近、女優やアイドル、揚げ句は業界関係者の間でひそかな流行語になっている。日本全国の大人から子供まで「キムタク」という愛称で抜群の人気を誇ってきたブランドは、完全に地に落ちてしまった。

「とにかく木村の人気凋落ぶりは目を覆いたくなるような惨状。最近、ドラマばかりか、バラエティーでも木村拓哉の名前が企画書に掲載されているだけで、女性ばかりか男性芸能人からも露骨に嫌な顔をされてしまう。ちなみに業界ではキャスティングNG(共演を避けられる、または拒否される)のことを男女の恋愛になぞらえ“失恋”という表現をするんです。その意味ではキムタクは芸能界一、モテない男に成り下がってしまった」(ある放送作家)

 そんなキムタクに、新たな“失恋話”が加わった。なんと、この1~2か月の間に13人の女優にフラれまくったというからオドロキだ。

 話題になっているのは来年1月から放送されるTBS系“日9”ドラマの「Get Ready!!(仮題)」。10月を迎えたというのに、いまだにヒロイン女優の名前が発表されない。

 当初、TBSのドラマスタッフが木村の意向を受け、猛烈オファーしていたのが綾瀬はるか(31)、吉高由里子(28)に波瑠(25)や満島ひかり(30)、長澤まさみ(29)、石原さとみ(29)、北川景子(30)といった、今が旬の女優たちだったという。ところが――。

「各プロダクションに、TBSの看板ドラマであることを告げると皆、興味津々なんですが…主演がキムタクだと言った瞬間、態度が豹変するんです。なんだかんだいって、最後はスケジュールの都合でアウトになってしまう。ろくに話も聞いてもらえない状況が続いたんです」(制作関係者)

 まさかの緊急事態に、“次のクラス”の女優陣にオファーし直したというのだが…。その女優たちは、土屋太鳳(21)、広瀬すず(18)、西内まりや(22)や高畑充希(24)などの今年ブレークした面々。

「それでもやっぱりスケジュールを理由に断られてしまう。扱いが難しいことから“禁断の女優”と呼ばれている上野樹里や二階堂ふみからも袖にされてしまったそうだ」(事情通)

 テレビ業界に知れ渡っているだけで13人の女優から「アウト」を食らっている。ここまでキムタクが敬遠される理由はただ一つ。SMAP解散に至る一連の騒動に端を発した人気凋落のあおりを受けたくないからだ。

 ある芸能プロの関係者も「ヒロインが決まらないのも当然です。おそらく木村が主演したドラマの中で、本作が最低平均視聴率になるのはほぼ確実だから。下手に出演してケガをしたくないのが女優陣の本音ですよ。もっともTBSにしてみれば、SMAPが解散する前で、しかも、ここまで彼の人気が急落するとは夢にも思っていなかったはずです。一番の“ババ”をつかんだのはTBSかもしれません」と苦笑いだ。

 放送される前からミソが付きまくりのキムタクドラマ。逆に注目されて高視聴率を記録する可能性もゼロではないが…。 果たしてヒロインを務める勇気ある女優は一体、誰なのか!?

最終更新:10/5(水) 7:01

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]