ここから本文です

企業Webサイト・アプリにセンサー情報を統合――アウトソーシングテクノロジーとインフォコーパスがDrupalとIoTを連携

Web担当者Forum 10/5(水) 9:06配信

アウトソーシングテクノロジーとインフォコーパスは、Webシステム構築ソフト「Drupal(ドルーパル)」とIoTプラットフォーム「SensorCorpus(センサーコーパス)」を接続して、企業WebサイトやWebアプリにセンサー情報を統合していくことを10月4日に発表した。

両社は10月1日よりこのサービス連携で協業を開始している。これにより、センサー情報を使ったWebマーケティング、機器の監視、サプライチェーンの可視化などを実現していくとしている。

今回の連携により、次のようなことを実現できるようになるという。

・SensorCorpus上に収集蓄積したセンサーデータを、Drupalのコンテンツ作成ツールを使うことによって、Web画面として自在に見える化し、自社だけの専用インターフェイスを迅速に作成する。

・「センサーデータ」「自社の経営データ」「オープンデータ」などを容易に組み合わせてWebサイト上で表示することで、経営の意思決定に役立てる。

・センサーデータをDrupal上で「動画」「静止画」「音声」「投稿」「投票」「通知」などの機能と連携させることにより、リッチな企業サイトやWebアプリを構築する。

これにより、

・製造ラインやインフラの監視
・サプライチェーンや商品トラッキングの可視化
・センサー情報を使ったWebマーケティング

などを容易に行えるようになるとしている。

最終更新:10/5(水) 9:06

Web担当者Forum