ここから本文です

自ら疑惑を真っ向から否定した西田敏行

リアルライブ 10/5(水) 12:17配信

 俳優の西田敏行が4日、女優の米倉涼子らと都内で行われたテレビ朝日系主演連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」の制作発表会見に出席し、一部ネット上で書かれた薬物疑惑を真っ向から否定したことを、各スポーツ紙が報じている。

 報道をまとめると、西田は頸椎亜脱臼と胆のう摘出の手術のため6月まで入院生活を送っていたため杖をつきながら白衣姿で登場したがしっかりした足取り。入院中の出来事を自ら切り出し、「ネットで(入院は)シャブ隠しとまで言われた。シャブ中じゃございません!」と笑いながら否定。

 そのうえで、「頸椎と胆のう摘出で2回ほど手術をした」と説明。「リスキーな手術で、大門未知子先生に電話をして『手術をしてくれないか』と頼んだら、『致しません!』と言われた」と、米倉演じる天才外科医の名セリフを使って笑わせたという。

 「さすがに、コンプラインスが厳格化する中、テレ朝が噂があって西田が“クロ”に近かった場合、ドラマに起用するとは思えない。そのあたりがすべてクリアになったうえで西田を起用したと思われる。脇役でも西田のギャラはそれなりなので、“シロ”でないと使わないだろう」(広告代理店関係者)

 薬物疑惑が浮上したきっかけは、元プロ野球選手の清原和博が今年2月に薬物事件で逮捕されてから発売された一部週刊誌の記事。記事では俳優「X」とされていたが、その特徴について「NHKの大河ドラマ・紅白に出演」、「現在もドラマ・映画・舞台で幅広く活躍」、「最近もSMAPや嵐のメンバーと共演」と十分すぎるほどの“ヒント”があげられていたのだが…。

 「シャブ中疑惑以外にも“黒い噂”が書かれていただけに、そのあたりについての真偽はいかがなものか」(芸能記者)

 疑惑を払拭した西田にはこれまで通りのオファーが舞い込みそうだ。

最終更新:10/5(水) 12:17

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]