ここから本文です

生カップヌードルって何? 2日間で受付終了の人気ぶり お湯不要、こんにゃく麺…市販化は? 日清に聞く

withnews 10/6(木) 7:00配信

 日清食品の看板商品・カップヌードルに「生タイプがある」と話題になっています。実はこれ、オンラインストアで買い物をした人に先着でプレゼントされた非売品です。お湯で戻すのではなく、専用カップに入れてレンジで温める缶入りのヌードル。1万缶を準備していましたが、受け付け開始の翌日に締め切られるほどの人気ぶりでした。なぜ生で、どんな点を工夫したのか? 日清食品に聞きました。

【写真】これがコンニャク麺入り「生」ヌードル。謎肉など具材や、一緒に届く調理用マグカップや外箱も紹介

先着で1万缶限定

 おなじみのパッケージが描かれた缶に、大きく「生」の文字。具材は、「謎肉」こと味付豚ミンチや、コロ・チャー、エビ、たまごなど定番のものが入っています。

 このヌードルは、「日清食品グループ オンラインストア」で税抜き2千円以上の買い物をした人に先着で1万缶がプレゼントされました。

 専用の箱の中に、生カップヌードル1個と、レンジで調理する際に使うオリジナルマグカップが入っています。

 9月30日午前10時から受け付けを開始しましたが、翌日には1万缶すべてが終了したそうです。

市販の予定なし

 なぜ「生」を企画したのか? 日清食品ホールディングス広報部の担当者に話を聞きました。

 ――企画した理由は

 「オンラインストアのリニューアルオープンに合わせて、何か企画しようと考えたんです。その際、日清食品のトップブランドであるカップヌードルで食べたことのないものを作ろう、ということになりました」

 ――なぜ生だったんですか

 「オンラインストアの担当者から出たアイデアです。生チョコや生キャラメル、生カステラなど、『生』のつく人気のものが多くある中で、生カップヌードルを作ったらどんなものになるだろうということでスタートしました」

 ――苦労した点は

 「お湯で戻さないので、麺や具材の食感やスープは従来品のようにはいきません。こんにゃく麺を使うなどして、食べた瞬間に『これはカップヌードルだ』と思っていただけるように工夫しました」

 ――市販の予定は

 「現時点では考えていません。プレゼントは終了してしまいましたが、見やすくて、思わず買いたくなるような仕掛けのオンラインストアなので、楽しんでお買い物をしてください」

最終更新:10/6(木) 7:00

withnews