ここから本文です

浅田真央、今季は「マオペース」で 初戦はトリプルアクセル回避へ

デイリースポーツ 10/5(水) 6:03配信

 フィギュアスケート元世界女王の浅田真央(26)=中京大=が4日、今季初戦となるフィンランディア杯(6日開幕・エスポー)に向けて、成田空港からフィンランドへ出発した。挑戦を明言した18年平昌五輪のプレシーズン。例年よりもスロー調整であることを明かし、マイペースならぬ「マオペース」でシーズンに臨む意向を示した。

 柔らかく、明るい表情で、真央が今季への意気込みを語った。「いよいよ始まるなという気持ちです」。10月に入り、フィギュアシーズンが本格開幕。国内外のライバルたちが順調な仕上がりを見せているが、真央はあえてゆったりと余裕を持った調整で進んでいる。「仕上がりは、いつもの初戦よりもちょっと遅れてる。トリプルアクセルも今回は入れないと思います。確率が上がってから入れたい」と、初戦は代名詞の大技も回避することを明かした。

 1年の休養を経て復帰した昨季は、シーズン初戦のジャパンオープンでいきなりトリプルアクセルに成功。フリーで自己ベストに近い点を叩きだした。続くGP初戦の中国杯でも優勝した。ただその後は、疲れも出てややスランプに陥った。今季の大目標はあくまで五輪の国別出場枠が懸かる来年3月の世界選手権(ヘルシンキ)。「いつも通りが一番。自分のペース、マオペースでいきたい」と笑顔で話し、長いシーズンを見据えた。

 初戦にフィンランディア杯を選んだのも、今後を考えてのこと。「(世界ランクの)ポイントももらえるし、SPとフリーがあってコンパクトな試合。エキシビションもないので、体力的にも楽かなと。色んな面を考えて選びました」。今季のプログラムはSP、フリーともファリャ作曲の「リチュアルダンス」。「SPとフリー合わせて、1つの内容になっている」という意欲作の公式戦初披露に「同じ曲だけど、SPとフリーでまったく違う感じになっていて、私も気に入ってます。ジャンプの失敗はあるかもしれないけど、しっかり演技してどこまで評価してもらえるか」と、胸を弾ませた。

 「自分が今、どういう位置にいるのか確かめて、次に繋げていきたい」。いよいよ始まる真央の季節。まずしっかりと、確かな一歩を刻む。

最終更新:10/5(水) 8:17

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。