ここから本文です

DSP「MicroAd BLADE」がネイティブ広告枠に対応、モバイル向けSSP「CA ProFit-X」と連携

Web担当者Forum 10/5(水) 11:06配信

サイバーエージェントの子会社で広告プラットフォーム事業のマイクロアドは、同社が提供するDSP「MicroAd BLADE(マイクロアド ブレード)」において、ネイティブ広告フォーマットに対応したと10月4日に発表した。

MicroAd BLADEは、単一の管理画面でディスプレイ広告の出稿・管理を行える国産DSP。今回のネイティブ広告対応は、サイバーエージェントが提供するスマートデバイス向けのインフィード型広告SSP「CA ProFit-X」と連携することで実現した。これにより、CA ProFit-Xのネットワークにおいて、そのメディアのデザインと一体化された違和感のないフォーマットで広告を配信できるようになる。

今回の連携により、MicroAd BLADEが保有する各種行動データによるターゲティングをかけ合わせて広告を配信することも可能。

マイクロアドは、今後も順次ネイティブ広告枠を保有するほかのSSPと接続することで、2016年内に100億インプレッションの広告在庫の確保を目指すとしている。

最終更新:10/5(水) 11:06

Web担当者Forum

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。