ここから本文です

ピアニストの内田光子、弾き振りモーツァルト第5弾が日本先行発売

CDジャーナル 10/5(水) 17:36配信

 世界的なピアニスト、内田光子が2008年から取り組んできたモーツァルトのピアノ協奏曲再録音シリーズ。その第5弾にして最終回となる最新録音『モーツァルト: ピアノ協奏曲第17番・第25番』(UCCD-1434 2,600円 + 税)が10月5日(水)に日本先行発売。

 名門クリーヴランド管弦楽団を自ら指揮し、録音してきたモーツァルトのピアノ協奏曲再録音シリーズは、モーツァルト弾きとして内田の存在をあらためて世界に知らしめるきっかけとなりました。今回収録されたのは第17番と第25番の2曲。第17番は美しさが際立つ名作、第25番はピアノ協奏曲のなかでも華麗で雄大な作風が特徴です。なお、内田はこのモーツァルトのピアノ協奏曲再録音シリーズ第1弾の『ピアノ協奏曲第23番・第24番』で、2011年の第53回グラミー賞で“最優秀インストゥルメンタル・ソリスト演奏”を受賞しています。

 10月末から行われる日本公演では、この2曲を演奏する予定の内田。1985年から91年にかけてジェフリー・テイト指揮イギリス室内管弦楽団と録音したモーツァルトのピアノ協奏曲集も、来日を記念して初めてSHM-CD化され、『モーツァルト: ピアノ協奏曲集 他』(UCCD-9970 10,000円 + 税)として再発売されます。

最終更新:10/5(水) 17:36

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]