ここから本文です

デミ・ロヴァート、ケイティ・ペリーを巡ってテイラー・スウィフト軍団を非難

cinemacafe.net 10/5(水) 13:30配信

デミ・ロヴァートがケイティ・ペリーをけなしたとしてテイラー・スウィフトとのその友人たちを非難した。

【写真】デミ・ロヴァート/フォトギャラリー

デミは2014年のテイラーの楽曲「バッド・ブラッド」でケイティとの不和を利用したとして、そのミュージックビデオに出演したカーラ・デルヴィーニュやエリー・ゴールディング、ジジ・ハディッド、カーリー・クロスなどを含めたテイラーの友人軍団を合わせて強く批判した。

デミはフェミニストを公言するテイラーが、友人たちと共謀してケイティを非難したことではほかの女性たちを力づけることはできなかったとして、「Yahoo!」とのインタビューで「ケイティ・ペリーをけなすような曲とビデオを作ったところで、女性の社会的地位の向上にはならないと思うの」とコメントした。

またテイラーがそのビデオの中で完璧な体型の女性ばかりを起用したことで、若いファン層に対してあるべき姿の間違った印象を与えかねないとし、「こんなこと言ったら問題になるかもしれないけど、あの軍団の中で一般的な体型の人なんて1人もいないわよね。人間があるべき容姿のある種の間違ったイメージじゃないかしら」と続けた。

一方で、テイラーと長年敬遠の仲をうわさされているケイティは先日、テイラーが謝罪するのであればコラボをする気もあると発言し、関係修復への兆しを見せていた。ツイッターの質疑応答で、テイラーと一緒に仕事をする気があるかと尋ねられた際、ケイティは「彼女が謝って来るならもちろんよ!」と答えていた。

2人の不和は、テイラーが2012年に行った「レッド」ツアーのバックダンサーをケイティが横取りしたと発言したことをきっかけに始まっていた。

(C) BANG Media International

最終更新:10/5(水) 13:30

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]