ここから本文です

片岡鶴太郎、贋作被害!でも「一人前の証」と笑顔

シネマトゥデイ 10/5(水) 8:16配信

 画家でタレントの片岡鶴太郎が4日、東京・六本木にある国立新美術館で行われた映画『インフェルノ』と美術展「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」がコラボした特別イベントに出席し、自作の絵の贋作がオークションで出回り、被害に遭ったことを打ち明けた。

【写真】珍しい2ショット!片岡鶴太郎×トリンドル玲奈

 10代の頃に芸人としてデビューするも、40歳を過ぎた頃から本格的に絵を描くようになり、その才能を開花させていった片岡。名画に囲まれた中でのイベントに感激もひとしおで、「なかなかないことですよね。原画を独り占めして全部拝見できたのは役得でしたね」と笑顔。名画にまつわるうんちくも披露し、共に来場したトリンドル玲奈や報道陣をうなずかせていた。

 その中で片岡は「絵画の世界では贋作が結構出回っている。美術館で本画として飾ってあっても実は贋作だったということがある」と話し、「わたしの贋作もオークションで結構出ていて、それを草津にある片岡鶴太郎美術館の館長が買っていた」と衝撃の告白。「(館長は)わたしのあまたの作品を見ているのに(贋作を)つかまされる」とその巧妙さに感心する片岡は、購入した人のために鑑定をしなければいけないため「ちょっと大変」と渋い顔も見せる。しかし、美術界では「贋作が出るようになったら一人前」と言われているため、最終的には「嬉しいことでもあるから『いいことだよね』ということでまとまった」と笑い飛ばしていた。

 本作は、ハーバード大学宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授(トム・ハンクス)が歴史に秘められた謎を解き明かすミステリー映画の第3弾。ラングドン教授と美貌の女医シエナ(フェリシティ・ジョーンズ)が、人類滅亡を企む生化学者ゾブリストが詩人ダンテの叙事詩「神曲」<地獄篇インフェルノ>に隠した暗号の謎に挑む。(取材/錦怜那)

映画『インフェルノ』は10月28日より全国公開

最終更新:10/5(水) 8:16

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]