ここから本文です

【インターモト16】ホンダ、ライダーサポート電子制御システムを搭載したモデルを発表

レスポンス 10/5(水) 8:41配信

ホンダは、10月4日からドイツのケルン市で開催されている「インターモト2016」に、ライダーの操る楽しみの実現をサポートする新たな電子制御システムを採用した『CBR1000RR Fireblade SP』と「CBR1000RR Fireblade SP2」、『CB1100EX』、「CB1100RS」の全4モデルを発表した。

[関連写真]

4モデルは日本国内市場にも投入する予定。

新型CBR1000RR Fireblade SP/SP2は、初代「CBR900RR」から続く「操る楽しみ」のコンセプトを継承しながら、大幅な軽量化と出力向上を図った。『RC213V-S』のシステムをベースに開発した総合的な電子制御システムを新たに採用した。

モードセレクトにより、ライダーの好みや走行状況に合わせて、出力特性を変更できる「パワーセレクター」や「セレクタブルエンジンブレーキ」、「ホンダ セレクタブル トルク コントロール」のほか、サスペンション制御機能を一括して設定変更可能。バンク角を検知してより安定するようにコントロールする新ABSシステムを搭載する。

また、CBR1000RR Fireblade SP2は、SPをベースとしてサーキット走行やレースでの使用を想定、吸排気バルブ、燃焼室、ピストンを新設計した新型のシリンダーヘッドを搭載する。車体ではマルケジーニ製アルミ鍛造ホイールを採用し、スポーツ性能の向上を図った。

CB1100EX/RSは、タンク底板を縁取るシーム溶接のフランジを排除し、手作り品のような立体感を実現した「フランジレスフューエルタンク」を採用した。サイドカバー、シート、リアフェンダー、ステップホルダーなど、細部の仕上げまでこだわった装備を採用し、「所有する喜び」を追求した。

CB1100EXは、トラディショナルなフォルムを守りながら、ヘッドライト・テールランプにはLEDを採用した。前後18インチスポークホイールは、新設計の小径ハブ、アルミリム、ステンレス製40本スポークを採用、CBブランドの伝統的なスタイルを継承した。

CB1100RSは、スポーティーなキャラクターとするため、前後ホイールにアルミキャスト製17インチホイールと幅広タイヤを装着する。足まわりは、2ピースボトムケースフロントフォーク、ラジアルマウントブレーキキャリパー、リザーバータンク付きリアダンパー、新設計アルミスイングアームなどを装備する。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:10/5(水) 8:41

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。