ここから本文です

「マーケティングチェーンマネジメントセンターおおいた」をトランスコスモスが大分に開設

Web担当者Forum 10/5(水) 14:06配信

ITアウトソーシングサービスのトランスコスモスは、大分県大分市に全国51番目のオペレーション拠点「マーケティングチェーンマネジメントセンターおおいた(MCMセンターおおいた)」を開設し、10月3日に開所式を開催した、と10月4日発表した。MCMセンターおおいたは、電話、チャット、LINE、メッセンジャーアプリなどに対応し、テクノロジーとコミュニケーション力を融合した「マルチコンタクトコミュニケーションセンター」となる。

MCMセンターおおいたのオフィスは、従業員や訪問者が心地よく過ごすための工夫を凝らした。地域と密着したブランディング施策や情報発信活動の効果もあり、採用活動が進んでいる。MCMセンターおおいたは、2018年までに300人の雇用を計画しており、特に働く女性の活躍の場を幅広く提供できるよう、大分県や大分市のバックアップで、同地域社会の活性化・発展に貢献していく。

最終更新:10/5(水) 14:06

Web担当者Forum

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。