ここから本文です

ハイスタ、16年ぶりシングルを電撃リリース!12月に次作発表&東北ツアー決定

M-ON!Press(エムオンプレス) 10/5(水) 12:07配信

Hi-STANDARDが本日10月5日、ニューシングル「ANOTHER STARTING LINE」を無告知で突如リリースした。

【詳細】MVはこちら

事前にリリース情報など一切ないなか、店着日となる4日にこのシングルがCDショップ店頭に並ぶと、TwitterなどのSNSを通じてその事実がどんどん拡散されていったが、いまだにこの事実を現実のものと受け止めきれていないロックファンも多いのではないだろうか。そんな人は本日公開されたミュージックビデオのショートバージョンを確認してほしい。

そもそもハイスタが新曲音源をリリースするのは、2000年発売のシングル「Love Is A Battlefield」以来、実に16年ぶりのこと。彼らは2011年の再始動以降、ライブがない期間も定期的にスタジオに入り、再びバンドとしての再構築を続けた。そのなかで完成したのが、今作に収録された「TOUCH YOU」「ANOTHER STARTING LINE」「NOTHING TO LOSE」「RAIN FOREVER」という新曲4曲だ。

今作のレコーディングには、『GROWING UP』(1995年)、『ANGRY FIST』(1997年)の制作にも携わったライアン・グリーンが参加。一聴して「これぞハイスタ」とわかるものの、それだけではない新しさもふんだんに散りばめられた、極上の仕上がりとなっている。

しかもこのシングルは、10月26日までは主要CDショップ店頭のみで購入可能となり、WEB通販やダウンロード販売は、10月5日のリリースから3週間後に解禁となる。

無告知での新作リリースやこういった店頭限定販売を決意した理由を、メンバーは、90年代の7インチEP限定販売を思い浮かべつつ「あの頃はネットもなかったし、みんな情報はお店に行って仕入れて、そこから口コミで広まっていった。今は時代が違うから通用しないというのもわかるんですけど、これだけ便利になった世の中で、どこまで面白みとして発揮できるのかなというのが狙い。僕たちの遊び心としか言えないですね」(横山健)、「音って物質として手に取ることはできないじゃないですか。特に今回の作品は手に取ってもらいたいという思いが強いから、こういうやり方になったのかな」(難波章浩)と説明している。

なお、2016年のHi-STANDARDはこれだけでは終わらない。12月7日にはカバー曲で構成された最新シングル「Vintage & New, Gift Shits」のリリースも決定。さらに12月3日からは東北+新潟を回るショートツアー『GOOD JOB! RYAN TOUR 2016』もスタートする。再始動後初となるこのツアーは、ハイスタの悲願であった東北ライブハウス大作戦を通じて完成したライブハウスを回るというもの。東北ライブハウス大作戦を真っ先に支援・支持し、『AIR JAM』と絡めて盛り上げた場所で、ついにハイスタとしてライブを実施することになる。1999年の『MAKING THE ROAD TOUR』以来17年ぶり、『AIR JAM 2016』前哨戦としても注目が集まるこのツアーは、絶対に見逃せないものになりそうだ。

リリース情報
2016.10.05 ON SALE
SINGLE「ANOTHER STARTING LINE」

2016.12.07 ON SALE
SINGLE「Vintage & New, Gift Shits」

ライブ情報
GOOD JOB! RYAN TOUR 2016
12/03(土) 岩手・宮古KLUB COUNTER ACTION
12/05(月) 岩手・石巻BLUE RESISTANCE
12/06(火) 宮城・仙台PIT
12/08(木) 新潟・LOTS

特設サイト
http://hs.pizzaofdeath.com

CD発売中店舗一覧(随時更新)
http://spaceshowermusic.com/ds/news/61583/

Hi-STANDARD OFFICIAL WEBSITE
http://hi-standard.jp/z

最終更新:10/5(水) 12:07

M-ON!Press(エムオンプレス)