ここから本文です

上島竜兵に後継指名されたロケット団「熱湯風呂芸」の指導熱望

東スポWeb 10/5(水) 10:01配信

 お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」が3日、東京・渋谷区のSHIBUYA109前特設ステージで行われたスマホゲーム「モンスターストライク3周年記念記者発表会」に登場した。

 同ゲームのCMキャラクターに抜てきされた上島竜兵(55)は「いや~夢がかなったよ!」。イベントでは十八番の持ちネタ「熱湯風呂」も披露。上島が「絶対に押すなよ!」と始めると、肥後克広(53)と寺門ジモン(53)が流れるようなコンビネーションを見せ、見事に爆笑をさらった。

 熱湯風呂芸の第一人者として君臨し続けるダチョウ倶楽部だが、最近では若手に受け継いでほしい部分もあるという。

「なかなか若手が出てこない。森三中とか受け継いでくれると思ったけど、女性は結婚とかいろいろある。最近はおかずクラブとか」と上島は“後継者問題”に頭を悩ませる。「男芸人だと誰に受け継いでほしい?」という質問に、上島は「ロケット団。この前、浅草で漫才見てたら、リアクション芸やりたいと言っていたから」と指名した。

 突然の指名を受けたロケット団の三浦昌朗(42)は、本紙の取材に「ビックリしました! これまでダチョウさんとは接点が全くなかったので…」と驚いた様子。ただ「上島さんが僕らの漫才を見てくれて、そのうえ熱湯風呂の後継者として名前を挙げてくれるなんて、こんなにうれしいことはない」と喜んだ。

 ただリアクション芸については「やったことないです」と苦笑。放送コードギリギリの時事漫才という芸風だけに「僕たちのキャラとリアクション芸は真逆だし、自信はない。相方の倉本剛? もっと苦手でしょう。でも上島さんが教えてくれるなら、ぜひ挑戦したい。今日は湯船に熱めのお湯を入れて練習してみます!」と意気込んだ。

 上島からリアクション芸の指導を受け、ロケット団が熱湯風呂の後継者になれるか?

最終更新:10/5(水) 10:31

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]