ここから本文です

ルーニーがラッシュフォードを称賛 「スーパースターになれる」

ISM 10/5(水) 17:40配信

 マンチェスターUのイングランド代表FWウェイン・ルーニーが、代表とクラブ両方でチームメイトのFWマーカス・ラッシュフォード(18)を、「スーパースターになれる」と称賛した。英『スカイスポーツ』など複数メディアが現地時間4日に伝えている。

 ラッシュフォードは今年2月、ヨーロッパリーグのミッティラン(デンマーク)戦でルイス・ファン・ハール監督(当時)からスタメンに抜擢されると、いきなり2ゴールを挙げて脚光を浴びた。さらにその3日後にはアーセナル戦でプレミアリーグデビューを飾り、再び2得点。彗星のごとく現れると、その後もコンスタントにネットを揺らし続けている。

 同選手について、ルーニーは「マーカスは素晴らしい。今、世界で最もエキサイティングな若手選手の1人じゃないかな。ハードワークを怠らずに成長を続ければ、近い将来スーパースターになると確信している」と太鼓判を押した。

 昨シーズンの活躍が認められ、EURO2016のメンバー入りを果たしたラッシュフォードだが、その後サム・アラーダイス監督が指揮をとった試合では、代表に選出されず。しかし、その間U-21代表のノルウェー戦でハットトリックをマーク。アラーダイス監督の後任として、暫定的にフル代表も兼任することになったU-21代表のギャレス・サウスゲイト監督は、今月のW杯欧州予選に向けてラッシュフォードをメンバーに選出した。

 ルーニーは「エキサイティングな若手が、相応の報いを受けるのは大事なこと。僕は彼が(代表に)ふさわしいと思う」とコメント。「マンUでのメンバー入り以降素晴らしかったし、今季もそれを維持している。代表チームに入ってプレーする機会を得るには十分なはずだ。彼は間違いなくチャンスを掴むと思うよ」と、ラッシュフォードは代表入りに相応しいプレーを見せているとの見解を示している。

最終更新:10/5(水) 17:41

ISM

スポーツナビ サッカー情報