ここから本文です

坂本慎太郎『できれば愛を』から「ディスコって」を7inchシングル・カット

CDジャーナル 10/5(水) 17:36配信

 7月にリリースされた坂本慎太郎3rdアルバム『できれば愛を』の収録曲「ディスコって」が、7inchシングルとして11月19日(土)に発売されることが決定。A面はオノシュンスケによる「ディスコって」のエレクトロ・ヴォーカライズ・カヴァーとなります。iTunes Music Store、OTOTOY、レコチョクでのデジタル配信も同時発売予定。

 オノシュンスケは、2012年に全曲スライ・ストーンの楽曲をエレクトロ・ヴォイスでカヴァーしたアルバム『Electro Voice Sings Sly Stone』 をリリース。同作を坂本慎太郎は2015年のベスト・ディスクのひとつとして選出(www.eyescream.jp/special/151230bestdisc/01.html)しています。今回のオノシュンスケによる「ディスコって」カヴァー・ヴァージョンは、全ての楽器、機材、録音、ミックスをオノ自身が手がけ、エレクトロ・ヴォイスが近年注目される中でも、ソウルフルかつオリジナルなファンク・チューンに仕上がっているとのこと。また、今回の7inchは両A面となっており、“AA面”には、坂本慎太郎流ディスコ・アンセム「ディスコって」のオリジナル・ヴァージョンを収録。アートワークは坂本慎太郎による、おなじみの4つ折り特殊ジャケット仕様(歌詞カード付)。

最終更新:10/5(水) 17:36

CDジャーナル

なぜ今? 首相主導の働き方改革