ここから本文です

「ハリー・ポッターと秘密の部屋」イラスト版が発売に!

cinemacafe.net 10/5(水) 17:45配信

『ハリー・ポッター』を楽しむには小説、映画、舞台、オーディオブックやアミューズメント・パークのアトラクションなど、さまざまな方法がある。イラストレーター・ジム・ケイによる豪華な絵本(日本では<イラスト版>として販売)もその1つだ。

【写真】J.K.ローリング/フォトギャラリー

昨年、ジムによるイラスト版の「ハリー・ポッターと賢者の石」が発売され、今年10月4日(現地時間)に2作目の「ハリー・ポッターと秘密の部屋」が発売された。日本では10月12日(水)に静山社から発売予定である。「Pottermore」によると、3作目の「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」については来年の10月に発売予定、それ以降の作品についてもイラスト化が決定している。

発売になったばかりの「ハリー・ポッターと秘密の部屋」のイラスト版の中で、ジムが描いていて最も楽しかったのは「ダイアゴン横丁」だそうだ。「本では説明されていないことを描きたい放題描くチャンスだった」と語っている。そんなジムの想像力が見事に反映された、息を呑むほど美しい不死鳥・フォークスや映画と一味違うハグリッドなども登場し、見ごたえたっぷりの1冊に仕上がっている。

原作者・J.K.ローリングがジムに寄せる信頼も厚く、「ジム・ケイの解釈による『ハリー・ポッター』の世界を見るのが大好きです。その『ハリー・ポッター』の世界を彼が描き続けてくれていることに光栄ですし、感謝しています」とコメントしている。

最終更新:10/5(水) 17:45

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]