ここから本文です

<宮里藍選手&美香選手>フボンLPGA台湾選手権 開幕直前の心境明かす 

まんたんウェブ 10/5(水) 22:55配信

 宮里藍選手や宮里美香選手らが出場するLPGA女子ゴルフツアーのアジアシリーズ第2戦「フボンLPGA台湾選手権」が6日から台湾・ミラマーゴルフカントリークラブで開かれる。WOWOWでは連日生中継を中心に放送。出場する藍選手と美香選手に開幕を目前に控えた心境や意気込みを聞いた。

【写真特集】エビ&もえ、菜々緒も……キュートなゴルフ姿披露

 ◇宮里藍選手

――アジアシリーズ2戦目が始まりますが、調子はいかがですか。

藍選手:エビアン・チャンピオンシップの後、2週間のお休みを経て今週台湾に入ったのですが、しっかり休めた分、調子もいいです。沖縄で少し調整できたので、芝の感覚が早くつかめている分、いいのかなと思います。

――今年でこのコースは3回目だと思いますが、改めて印象は。

藍選手:今年はすごくいいコンディションじゃないかなと思います。例年、試合が始まる前に結構雨が降ったりして、グリーンが重かったり、フェアウェイエーでランが出なかったりするのですが。ここまで天気に恵まれて、すごくいい状態だと思います。

――今年は、例年と違って天気がよさそうです。

藍選手:そうですね、雨は少し降るかもしれませんが……。グリーンの状態もすごくいいです。天気はコントロールできないので、自分のやるべきことをしっかりやっていきたいと思います。

――アジアシリーズは2戦目からの参戦ですが。

藍選手:過去2回は推薦をいただく形でこの試合に出させてもらっていましたが、今年はやっと自力で出ることができて、まずはそれがすごくうれしいです。アジアシリーズに出られることが当たり前じゃないということを今回また勉強できたので、感謝の気持ちを持ってプレーしたいと思います。

――どんなコースマネージメントが必要ですか?

藍選手:例年、風がすごく難しいコースという印象があるのですが、今年はそこまで風は吹いていなくて。でも風自体結構重いので、ショットでしっかり距離感と狙っていくラインをイメージしていく必要があると思います。そこは、その時の自分の感覚を信じてコースマネジメントをしていきたいと思います。

1/2ページ

最終更新:10/6(木) 10:03

まんたんウェブ