ここから本文です

“未来の独裁者”の美少年ほかキャラポスター解禁!『シークレット・オブ・モンスター』

cinemacafe.net 10/5(水) 18:00配信

『メランコリア』『ファニーゲーム U.S.A.』などに出演する俳優で監督のブラディ・コーベットのもと、ベレニス・ベジョやロバート・パティンソンら豪華キャストが集った戦慄の心理ミステリー『シークレット・オブ・モンスター』。彗星のごとく現れた天使のような美少年、トム・スウィートの存在も話題を呼んでいる本作から、それぞれのキャラクターポスターが解禁となった。

【画像】『シークレット・オブ・モンスター』キャラポスター

舞台は、1918年。第1次世界大戦後、ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、不可解な言動を繰り返す。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の怪物がうめき声を上げた…。

心理ミステリーの最高峰『羊たちの沈黙』のジョナサン・デミ監督が「身震いする緊張感、戦慄の映画」と評し、2015年ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門で監督賞と初長編作品賞をW受賞した本作。ジャン=ポール・サルトルの短編小説「一指導者の幼年時代」から着想を得て、やがて“独裁者”へと変貌する幼い少年の姿を映画化したのは、俳優でもあるコーベット監督。次回作には、ルーニー・マーラがポップシンガーを演じる『Vox Lux』(原題)も控えている。

今回解禁となったのは、SNSでも話題のトム・スウィート演じる少年に影響を与える、何とも怪しげな登場人物たちのポスター。まず中央にいるのが、少年・プレスコット役で映画デビューを果たしたトム。ルキノ・ビスコンティの『ベニスに死す』(’71)の主人公を彷彿とさせる美少年というだけでも目を引くが、常に不満の中にいる“未来の独裁者”という難役を完璧に演じ、その天才子役ぶりをアピールした。

その母親を演じたのは、『アーティスト』でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたフランスの実力派ベレニス・ベジョ。教育熱心ながらも、やがて母親の義務を放棄し始める複雑な役どころに扮する。父親の米政府高官役には、大人気TVドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の“玉ねぎの騎士”ことサー・ダヴォス・シーワース役で知られるリアム・カニンガム。

さらに、『トワイライト』シリーズでアイドル級の人気を博し、以後さまざまな役柄に挑むロバート・パティンソンは、ミステリアスな両親の知人・チャールズ役として登場。そして、『ニンフォマニアック』の衝撃演技で注目された大躍進中のフランス人モデル、ステイシー・マーティンは少年の家庭教師役で登場する。

彼らが少年に与えたものは、愛情か、憎悪かーー。1人の怪物の“目覚め”に、注目していて。

『シークレット・オブ・モンスター』は11月、TOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。

最終更新:10/5(水) 18:00

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]