ここから本文です

マスクゾロ半年間の休養へ 左前繋靱帯炎を発症

デイリースポーツ 10/5(水) 6:04配信

 シリウスSで重賞初制覇を飾ったマスクゾロ(牡5歳、栗東・岡田)が4日、左前繋靱帯炎を発症したことが判明した。

 今後は治療をしながら半年間の休養に入り、来年に備える見通し。同馬は近日中に放牧に出される予定。

最終更新:10/5(水) 8:34

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ