ここから本文です

エリザベス2世の愛と葛藤を描く「ザ・クラウン」、製作費130億円の撮影現場に潜入

cinemacafe.net 10/5(水) 19:00配信

Netflixが新たに放つオリジナルドラマ「ザ・クラウン」が11月4日(金)より配信開始される。配信に先駆けた今年2月、イギリスの撮影現場を訪ねた。「ザ・クラウン」は現イギリス女王エリザベス2世の愛と葛藤を描くロイヤルストーリー。『クィーン』のピーター・モーガン(企画・脚本)と『リトル・ダンサー』のスティーヴン・ダルドリー(監督)がタッグを組み、妻として、母として、そして女王として生きるエリザベス2世の物語を展開させていく。

【画像】「ザ・クラウン」メイキングカット

撮影が行われていたのは、バッキンガム宮殿に程近いランカスター・ハウス。政府の会議や式典などに使われる建物で、過去には『英国王のスピーチ』や「ダウントン・アビー」の撮影もここで行われたという。

邸内には王室のスタッフらしき出で立ちの人々の姿があったが、実際はドラマの出演者。この日の撮影は、ヴィクトリア朝時代にヨーク公爵の命で建設されたランカスター・ハウスを、バッキンガム宮殿の一部に見立てて行われていた。

そんな中、まずはプロデューサーのアンドリュー・イートンがドラマの概要を説明してくれた。「ザ・クラウン」のシーズン1は全10話で、2月19日にクランクアップ予定。シーズンを通し、約250日間の撮影期間が費やされたことになるそうだ。スタッフ・キャストの数も膨大で、「おそらくスタッフは250人、キャスト324人だと思う」とのこと。製作費は計2シーズン(シーズン2も全10話予定)で1億ポンド(約130億円)だという。ちなみに、ランカスター・ハウスの使用料も高額だと言われているが、「当初は2日間だけ撮影するはずだったのに、なぜか僕らはすでに9日間もここにいる(笑)」そうだ。

しかし、実在の人物を描くドラマである以上、細部の描写にまで気を払わなくてはならないのは必然。高額の製作費は、その姿勢をサポートしてくれるものだという。「『ダウントン・アビー』や『戦争と平和』は架空の物語だが、僕らは歴史的な真実を題材にしている。例えばエリザベス女王の戴冠式のように、何かを再現しようとすると、すべてを完璧に正しく描かないといけない。間違いは一切許されないからね」。

その一方、「一般的な歴史的事実の周辺で作られるストーリー」もあり、それらと誰もが知る史実を組み合わせることで、「ずっと興味深く、豊かで、今日的な意味を帯びた物語になる」という。「女王(クレア・フォイ)と夫フィリップ(マット・スミス)のプライベートな生活にも、僕らは少し踏み込んでいく。 視聴者はフィリップのとても素敵なお尻を何度か見られるよ(笑)。でも、僕らは何か新しいスキャンダルを作り上げようとしているわけじゃない。それより、僕らは事実に忠実であろうとしている。そもそも、彼らの人生はとてもドラマティックだからね」。

『英国王のスピーチ』の主人公でもある父ジョージ6世が突如国王となったように、エリザベスの人生も波瀾万丈。アンドリュー・イートン曰く、「物語のテーマは、“1人の人間としての女王”」だそうだ。「彼女の父親は、国王になるはずじゃなかった。だから、彼女が女王になると予想されたこともなかった。でも、まだとても若く、未熟な時に女王となる。『ザ・クラウン』は、そんな彼女の軌跡を追いかけようとしている。若過ぎた彼女の即位は、まったくの大失敗になりえた。にもかかわらず、生き残った。彼女の結婚もね。これは逆境に打ち勝つという、とても人間的なストーリーなんだ」。

「ザ・クラウン」は11月4日(金)より全世界同時オンラインストリーミング開始。

協力:Netflix

最終更新:10/5(水) 19:00

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]