ここから本文です

Google製79ドルVR HDM「Daydream View」、段ボールの次は「布」で

ITmedia ニュース 10/5(水) 3:53配信

 米Googleは10月4日(現地時間)、「Made by Google」と題したイベントで、5月の「Google I/O」で発売を予告したVRプラットフォーム「Daydream」対応ヘッドマウントディスプレイ(HMD)「Daydream View」を発表した。

【Daydream View対応タイトルの画像】

 Daydreamは、対応するスマートフォン、ヘッドセット+コントローラー+アプリで構成される。HMDの米国での販売価格は79ドル(約8115円)で、「Pixel」が最初の対応Androidデバイスとなる。パートナー企業からの対応デバイスも登場予定。

 Daydream Viewerの表面は布地で、グレーのSlateが11月に、年内に追加2色のSnow、Crimsonが登場予定。Cardboard、Gear VRなどと同様に、スマートフォンをはさみこむスタイルで装着し、頭の後ろのバンドで締める。眼鏡を着けている人も無理なく装着できるという。リモコンはシンプルだが、モーションセンサーを搭載しており、文字を手書きすることも可能。

 ハリー・ポッターシリーズのスピンオフであるWarner Brothers映画「Fantastic Beasts and Where to Find Them」のデモが独占タイトルとして登場。Google Street View、YouTubeのVR対応コンテンツも視聴できる。

最終更新:10/5(水) 5:16

ITmedia ニュース