ここから本文です

「Google Home」は129ドル(約1万3000円)で11月米国発売

ITmedia ニュース 10/5(水) 4:56配信

 米Googleは10月4日(現地時間)、「Made by Google」と題したイベントで、5月の「Google I/O」で発売を予告した音声アシスタント/無線スピーカー端末「Google Home」の詳細を発表した。

ベースの色は6色

 米国では同日予約開始で、11月4日発売。価格は129ドル(約1万3000円)だ。先行する「Amazon Echo」より50ドル安い。残念ながら日本での発売は未定。

 Google Homeは、米Amazon.comが2014年に米国で発売した音声アシスタント機能付きスピーカー「Amazon Echo」と競合する家庭用ガジェット。Amazonが音声対応人工知能(AI)の「Alexa」を搭載するように、GoogleのAI「Google Assistant(日本では「Googleアシスタント」)」を搭載し、音声での命令や質問に対応する。

 また、Chromecastと同じ「Google Cast」技術を搭載し、スピーカーを内蔵しているので、Google Play MusicやSpotifyなどで音楽をストリーミングしたり、スマートフォンやPC、MacとBluetoothあるいはWi-Fiで接続して音楽をストリーミングしたり、映像を対応するテレビに転送したりもできる。さらに、対応する家電を音声で操作するハブにもなる。

 ハードウェア仕様は、サイズは直径9.6センチで高さ14.3センチ、重さは477グラム。ハイエクスカーションスピーカーを内蔵し、Wi-Fi(802.11ac)とBluetoothをサポートする。

 色は白で、ベース部分は6色から選べる。GoogleはHomeを家の各部屋に置くことを想定しているので、部屋ごとに違う色にしてもいいだろう。Homeはマルチスピーカー機能を搭載しており、同じ音楽を複数のHomeで同時に流せる。

 イベントのデモでは、Googleアシスタントの機能が多数紹介された。例えば以下のような質問に、口頭で答えた。

・(歌手の)アデルの本名は?
・犬にチョコレートを食べさせてもいい?
・うちから一番近いDIYショップは?
・そこまでの交通情報を
・自転車で何分くらい?
・「○○○」をスペイン語で

 また、朝「おはよう」と声をかけると、「おはようございます。今は午前○時○分です。今日の天気は○○で、あなたの今日の予定は~」と答える。

 Google Homeと他の対応端末のGoogleアシスタントは連係するので、Google Homeに口頭で入力した買い物リストは、AndroidスマートフォンのGoogleアシスタントに尋ねれば表示してくれる。

 音楽機能としては、口頭で音楽を流したり一時停止したりするデモが行われた。

 Google Home自身がサポートする音楽サービスは、Google Play Music、Spotify、TuneIn、YouTube Music、PANDORA、iHeartRADIOだ。

 「Ok Google、アデルの曲をかけて」などで音楽を再生できる。Google Play Musicのプレイリストを注文することも、うろ覚えの曲を説明して見つけてもらうことも可能だ。

 Chromecastとも連係するので、Chromecastや同日発表の「Chromecast Ultra」を接続したテレビをGoogle Homeを通じてコントロールすることもできる。リモコン不要で、声だけでテレビを操作できる(Apple TVのSiriのようにリモコンのボタンを押す必要もない)。

 スマートホーム機能に対応するサードパーティー企業は、Google I/Oの段階から増えていないようだ。Alphabet傘下のNest、Samsung Electronics、Philipsの3社と、IFTTTによるプログラミングが可能。

 Google Homeで制御できるGoogle Cast対応スピーカーのメーカーは、ソニーや東芝を含む以下の7社だ。

最終更新:10/5(水) 4:56

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。