ここから本文です

デンソー、V2X電子制御ユニットにオートトークスを採用

レスポンス 10/5(水) 11:30配信

オートトークスは、同社の次世代V2Xデバイスが、世界トップの自動車部品サプライヤーでありV2X電子制御ユニット(ECU)大手のデンソーに採用されたと発表した。V2Xの普及は、交通安全における改善に寄与する。

V2X通信は、安全と移動のアプリケーションのため、車両を無線の到達範囲内で他の車両(V2V)、インフラ(V2I)、モーターサイクル(V2M)、歩行者(V2P)とつなげることで、車両事故を防ぐのに活用する新技術。特に見通しの悪い交差点や悪天候、照明の暗い状況で他のセンサーの情報を補う。

オートトークスのチップセットは、デンソーによる自動車メーカーのマスマーケットプロジェクトに向けた、世界的V2Xプラットフォームの中心に位置する見通し。デンソーは2019年に予測される北米マーケットをターゲットにした大量生産に向け、試作をすでに開始している。

オートトークスの次世代デバイスは、車両走行に最適化されたモデムを内蔵、柔軟に送・受信ダイバーシティを可能とするデュアルアンテナをサポートし、総リンク容量での回線速度メッセージECDSA検証を実行、超低遅延のV2X HSM(ハードウェア・セキュリティ・モジュール)を内蔵する。

また、オートトークスの次世代デバイスは、セキュリティ性能の拡張、スケーラビリティを実現するよう設計しているほか、高温オペレーションにも対応する。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:10/5(水) 11:30

レスポンス