ここから本文です

ソフトバンク柳田 補殺&2安打1盗塁 骨折からの復調アピール

デイリースポーツ 10/5(水) 9:00配信

 「フェニックス・リーグ、ソフトバンク3-3西武」(4日、南郷スタジアム)

 右手薬指骨折で離脱していたソフトバンク・柳田悠岐外野手(27)が4日、実戦復帰2試合目の鮮やかな補殺で戦列復帰OKを印象づけた。西武戦にフル出場し、好返球と打っても2安打1盗塁と走攻守で存在感を示した。8日からのCSファーストSへ「そこしか見てない」と気勢を上げた。

 見せ場は三回2死二塁での守備。外崎の中前打を本塁へノーバウンド返球。俊足の二走・斉藤を刺し、「いい球、投げられてました」と自賛した。

 打っては遊撃内野安打と左前打。八回には2試合連続の二盗を決めた。「しっかりスイングできてたし、あんまり痛みも感じなかったんで良かった」と充実感をにじませた。

 5日で同リーグを打ち上げ、6日に1軍合流予定。「クライマックスしか見てない。打つイメージを自分の中では持ってる」。リーグ3連覇を逃した悔しさを晴らす。頼れる主砲が満を持して決戦に挑む。

最終更新:10/5(水) 9:10

デイリースポーツ

なぜ今? 首相主導の働き方改革