ここから本文です

テーマは“AIが未来を変える”――第2回AMDシンポジウムが10月28日に開催決定

ファミ通.com 10/5(水) 20:32配信

●パネルディスカッションでAIのいまと未来に迫る
 一般社団法人デジタルメディア協会(AMD)は、昨年開催された第1回に続き、第2回AMDシンポジウム“AIが未来を変える”を、2016年10月28日(金)、東京・飯田橋で開催することを発表した。

 第1回は“デジタルエンタテインメントの新潮流”として、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの吉田修平氏らが登壇。第2回はビジネスとエンターテインメントにおけるAI(人工知能)をテーマに、パネルディスカッション形式でAIのいまと未来に迫る。

[関連記事]
・SCEワールドワイド・スタジオの吉田修平氏がPlayStation VRの持つ可能性と課題を語る【AMDシンポジウム】
・シンラ・テクノロジーの和田洋一氏が分析する“次世代クラウドゲーム”から始まるゲーム業界の地殻変動とは!?【AMDシンポジウム】
・浜村ファミ通グループ代表が語るゲームの未来――ゲームはサービス化し、eスポーツや実況がコミュニティを活性化させる【AMDシンポジウム】
・襟川陽一氏が開発を夢見る、未来のゲームとは? ゲームの歴史や、今後の課題なども語られた講演をリポート【AMDシンポジウム】

●開催概要
◆タイトル:第2回AMDシンポジウム2016 A1が未来を変える!
◆開催日時:2016年10月28日(金)14:30開場 15:00開演
◆式次第・講師
15:00~17:20:シンポジウム“AIが未来を変える!”
◆モデレーター:慶応義塾大学大学院 特別招鴨教授 夏野剛氏

<第1部 ビジネス分野におけるAI(15:10~16:15)>
◆パネリスト
・トヨタ自動車株式会社 先進技術統括部 主査 担当部長 岡島博司氏
・株式会社富士通研究所 知識情報処理研究所 人工知能研究センター長 岡本青史氏
・株式会社ワークスアプリケーションズ 代表取締役 最高経営責任者 牧野正幸氏

<第2部 エンタテインメント分野におけるAI(16:15~17:20)>
◆パネリスト
・株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント ワールドワイド・スタジオ プレジデント 吉田修平氏
・株式会社スクウェア・エニックス テクノロジー推進部 リードAIリサーチャー 三宅陽一郎氏
・HEROZ株式会社 リードエンジニア 山本一成氏
・日本マイクロソフト株式会社 Bingインターナショナル(Bingサーチ&AIりんな)Japan&Korea ビジネス統括シニア戦略マネージャー 中里光昭氏

17:30~18:30:懇親会

◆会場:東京・ベルサール飯田橋ファースト
◆参加費:一般10000円[税込]、AMD会員 7000円[税込]
※2名以上参加の場合、1名無料
◆申し込み方法:AMD事務局まで、電話またはファックス、メールで申し込み。
TEL:03-5798-7101/FAX:03-6277-3116
E-mail:amd2@amd.or.jp
◆定員:180名
◆協賛:大和証券株式会社
◆後援(予定)
総務省
公益財団法人科学技術融合振興財団(FOST)
一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CSAJ)
一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
公益財団法人中山隼雄科学技術文化財団
任意団体日本デジタルゲーム学会(DiGRA)
NPO法人ブロードバンドアソシエーション(BA)
一般財団法人マルチメディア振興センター (FMMC)
◆主催:一般社団法人デジタルメディア協会(AMD)

最終更新:10/5(水) 20:32

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]