ここから本文です

「カネ、大丈夫か」 山本一義さんの遺言

デイリースポーツ 10/5(水) 11:00配信

 前日休みで田舎に帰省していると、広島担当のキャップから連絡が入った。「山本一義さんが、亡くなられました」。すぐに金本知憲の携帯を鳴らした。

 「えっ……」

 金本の恩師には2人の山本がいる。ひとりはミスター赤ヘル、山本浩二。もうひとりが三村敏之の広島監督時代、チーフコーチを務めた山本一義。金本が12年の現役引退会見で、三村とともに「僕の恩人」と語った、打撃の一番の師匠である。

 「厳しい人だったよ」。一義さんの思い出を語るとき、金本はうれしそうに話す。ときに鉄拳でバットも出てきたという。制裁の類いではない。愛情、期待の裏返しと分かるから、金本は慕った。いつも三村の叱責(しっせき)が辛辣(しんらつ)だったので余計に、山本から諭される言葉が心に染みた。

 「ワシが責任をとるけぇ、カネを使ってやってくれんか」

 1995年だから、金本がプロ4年目のシーズンの春。山本が10歳下の将、三村に頭を下げた。からっきし左投手を打てない。そんなレッテルを貼られていた金本は山本から、こう告げられた。

 「お前、左ピッチャーからインサイドを攻められても、絶対にビクッとするなよ!」

 対左腕の内角攻めで体がのけぞるのは左打者の反射でもある。それでも金本は山本の言いつけを守り、頭部に投げられようが、顔付近に投げられようが、「ぶつけられてもいい」と右足を踏み込んだ。山本はキャンプ中の紅白戦で金本が左投手と当たるように組ませ、意図的にアピールの機会を増やしていた。

 「あいつは左ピッチャーに対して分は悪くない。○打数○安打。打っとるじゃろ」

 山本が三村を説得し、金本の出場機会は増えていった。指揮官から突き放される日々のなか「一義さんだけはずっとフォローしてくれていた」と感謝を忘れない。金本が初めてベストナインを受賞したのはこの年。進退をかけて起用を進言してくれた恩人に報いた。

 山本一義はコーチ退任後、評論家になり、記者席で筆を執った。マツダスタジアムの広島対阪神戦で僕があいさつに行くといつも、「スタンドへ降りよう」と試合開始前に2人で記者席を出た。そして一義さんのお気に入り、真っ赤なカップのアイスクリームをほおばりながら、野球を教えてくれるのだ。

 金本がまだ現役のとき「あいつのいいときは…」と、立ち上がって一記者に打撃の手本を示す。金本の評論家時代は「あいつ、まだフラフラしとるんか。コーチせぇ、と言うとけよ」と…。一義さんに会うと「カネ、大丈夫か」と、まな弟子を思いやっていた。

 マツダの観客席でカップアイスを食べる日は、もう来ない。一義さん、安らかに…。

=敬称略=

(阪神担当キャップ・吉田 風)

最終更新:10/5(水) 11:24

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。