ここから本文です

<野球>イ・デウン、4日に日本から帰国…国軍体育部隊への志願考慮

WoW!Korea 10/5(水) 13:35配信

日本プロ野球・千葉ロッテマリーンズで2シーズンを過ごしたイ・デウン(27)が帰国後、国軍体育部隊(尚武)に志願する予定だ。

イ・デウン(李大恩)の紹介と写真

 イ・デウン(李大恩)のマネジメント会社は5日、「イ・デウンが前日(4日)、シーズンを終えて帰国し、国軍体育部隊への志願を考慮している」と明らかにした。

 ほとんどの野球選手が軍服務中にも野球を続けるため、警察庁や国軍体育部隊に入団する。しかし、イ・デウンはこの道が許諾されていない状況だ。

 今年1月に新設されたKBOリーグ規定によると、海外進出後に国内球団に入団していない状況で国軍体育部隊や警察野球団に入隊した選手はフューチャーズリーグの試合でプレーできないからだ。

 イ・デウンは2007年、KBOリーグでプレーしないまますぐに米シカゴ・カブスに入団した。しかし、メジャーリーグでは一度も登板することなくマイナーリーグでのみ7シーズンで135試合に出場し、40勝37敗、平均防御率4.08を記録。その後2014年に日本に向かい、千葉ロッテと1+1契約を結んだ。

 昨シーズンは37試合に登板し、9勝9敗4ホールド、平均防御率3.84を記録。同年11月の国家対抗戦プレミア12では韓国代表に選ばれ、韓国の大会初代優勝に貢献した。今年は1軍3試合に出場、勝敗はなく1ホールド平均防御率7.20を記録し、2軍では24試合に出場して112イニングを投げ10勝8敗、平均防御率3.86を記録した。

 しかし、これ以上軍入隊を延期することは困難な年齢だ。これを前にイ・デウンは9月、警察庁に志願したが、身体検査日が2軍のシーズン中であったために欠席、自然と不合格になった。

 国軍体育部隊は来る17日より志願書を受け付ける。

最終更新:10/5(水) 13:35

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。