ここから本文です

鈴木ジュリエッタの新連載、次号花ゆめに登場!少女・花果の大冒険

コミックナタリー 10/5(水) 14:44配信

「神様はじめました」の鈴木ジュリエッタが、10月20日発売の花とゆめ22号(白泉社)にて新連載をスタートさせる。タイトルは「トリピタカ・トリニーク」。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本日10月5日発売の花とゆめ21号には、少女の予告カットとともに「少女・花果、大冒険の幕が上がる…!!」とキャッチコピーが。1400年前を舞台に、鈴木の“ゆきてかえりし物語”が開幕する。22号では表紙と巻頭カラーを飾り、66ページのボリュームで登場する予定だ。

なお21号には、花ゆめ男性キャラクターたちの猫化イラストが起用された「はにゃゆめ猫男子」と題したクリアクリップのシートが付属。また誌面では作家の愛猫特集が組まれ、赤瓦もどむ、草凪みずほ、鈴木ジュリエッタ、福山リョウコ、ミユキ蜜蜂、幸村アルト、絵夢羅、中条比紗也、羽海野チカの愛猫写真が披露された。

最終更新:10/5(水) 14:44

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]