ここから本文です

阪神・金本監督がオーナー報告「反省の多いシーズンでした…」

デイリースポーツ 10/5(水) 12:10配信

 阪神の金本知憲監督(48)が5日、大阪・野田の阪神電鉄本社を訪れ、坂井信也オーナー(68)にシーズン終了を報告した。

【写真】金本監督が本音…藤浪の勝ち星は「計算外でした」

 監督就任初年度の今季は「超変革」をスローガンに掲げ、新人の高山や原口、北條らが台頭。チームは4年ぶりBクラスとなったが、一方で若手の成長も目立った。報告後の会見の席で金本監督は「難しさというのは本当に色んな場面でありました。投手の交代にしろ、野手のスタメンにしろ。反省の方が多いシーズンでした」と振り返った。

 坂井オーナーから激励の言葉を受けたという金本監督。「すごくお気遣いいただきまして、こういう戦力状況の中苦労をかけたね、と優しいお言葉を頂きました」と感謝した。

 監督就任2年目となる来季へは「来年はまた今年と違った形になるかもしれませんし、でも基本的には育てる方針はぶれずに」と若手を鍛える方針を改めて強調。「今年のようにはならないよう、もっとたくさん勝てるようにしていきたいと思います」と巻き返しへ力を込めた。

最終更新:10/5(水) 20:56

デイリースポーツ