ここから本文です

履正社が国体で初優勝 初の全国大会制覇

デイリースポーツ 10/5(水) 12:37配信

 「岩手国体・決勝 履正社14-6広島新庄」(5日・岩手県営)

 履正社が15安打14得点で最大4点差をひっくり返し、初優勝を果たした。同校が明治神宮大会、春・夏の甲子園など全国大会でタイトルを手にしたのは初。来年のドラフト上位候補に名前が挙がる安田尚憲内野手(2年)が2ランを放つなど、乱打戦を制した。

 投げてはドラフト候補の山口裕次郎投手(3年)が同点の三回からリリーフし、5回2失点と粘りの投球。八回からは同1位候補・寺島成輝投手(3年)が登板し、先頭に右中間三塁打を浴びたが、後続をしっかり打ち取ってピンチを脱出。九回も3人で抑え、試合を締めた。

 広島新庄は初回に4点を先制するも、投手陣が履正社打線を止められなかった。4日に2回戦と準決勝のダブルヘッダー登板でトータル18三振を奪ったエース・堀瑞輝投手(3年)は、登板しなかった。

最終更新:10/5(水) 15:17

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています