ここから本文です

“実写にしか見えない”3DCG女子高生「Saya」 動く8K映像公開

ITmedia ニュース 10/5(水) 12:18配信

 “実写にしか見えない”3DCGの女子高生キャラクター「Saya」の8K映像が、「CEATEC JAPAN 2016」(10月4~7日、千葉・幕張メッセ)のシャープブースで出展されている。約1分半の動画には、実際にSayaが動くシーンが15秒ほど収められている。

【画像:Sayaをもっと見る】

 Sayaは、CGアーティスト・石川晃之さん、友香さん夫妻のユニット「TELYUKA」(テルユカ)が作成したキャラクター。15年10月にTwitter上で初公開し、肌の透明感やふんわりとした髪の毛が「実写に見える」と話題に。その後もさらに人間の印象に近づけるため、パーツや顔の造形を見直し、16年9月に最新版「Saya 2016ver.」を発表している。

 ブースでは、これまで静止画でしか発表していなかったSayaに動きを付けた映像を公開している。映像化には、東映デジタルセンター ツークン研究所が協力。実際の女性の動きをキャプチャーしたデータを基に、SayaのCGを再設計したという。

 映像の表示には、幅1.9メートルの8K映像モニター「LV-85001」(シャープ製)を使用。フルHDの16倍にあたる約3300万画素(7680×4320ピクセル)の解像度を実現したほか、HDR(High Dynamic Range)技術を活用し、動画の中で逆光になるシーンでもきれいに顔が映るよう工夫したという。出展を通じて「8Kが持つさまざまな可能性をSayaに引き出してもらいたい」(同社)としている。

最終更新:10/5(水) 12:18

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。