ここから本文です

台風18号で死者4人・行方不明者2人=韓国

聯合ニュース 10/5(水) 15:57配信

【ソウル聯合ニュース】5日未明、韓国南部の済州島を通過した強い台風18号の影響で、済州、釜山、蔚山で4人が死亡し、2人が行方不明となっている。また、河川の氾濫により住民数百人が避難するなど影響が広がっている。

 ◇強風と高波で死者・行方不明者発生

 5日午前11時ごろ、釜山市内の工事現場でタワークレーンが倒れ、近くにあったコンテナが倒壊した。この事故で、コンテナの中にいた作業員1人が死亡した。

 同日午前には同じ釜山市内の住宅の2階から90歳の女性が転落し、死亡した。警察はこの女性が台風による強風にあおられて転落した可能性があるとみている。

 また、釜山市内の岸壁に停泊させていた漁船の状態を確認していた男性が高波にさらわれ行方不明となっていたが、遺体で発見された。

 蔚山では急流に流され市民1人が死亡し、救助隊員1人が行方不明となった。

 済州島では同日午前7時ごろ、港に停泊中だった漁船に乗り込もうとしていた船員とみられる男性1人が海に転落し、行方不明となった。

 ◇河川の氾濫などで避難

 全羅南道麗水市の岸壁では旅客船の船員2人が高波にさらわれて海に転落、現場にいた海洋警察の救助隊によって約20分後に救出された。

 蔚山ではダムの放流量が増えたため、下流に住む住民が避難した。また、蔚山市内のマンション前では水に流され1人が死亡した。救助活動にあたっていた救急隊員1人も川の水に流されて行方不明になり、後に遺体で見つかった。

 済州市内では、河川氾濫の恐れなどから一部地域に避難命令が出された。氾濫による住宅やペンションなどの浸水も報告されている。

最終更新:10/5(水) 17:41

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]