ここから本文です

横断歩道のヒビ割れとPhotoshopでビーム風エフェクトが描ける! 現役イラストレーターが天才的手法を指南

ねとらぼ 10/5(水) 13:46配信

 横断歩道のヒビ割れと画像加工ソフト「Photoshop」を使えば、ビームのようなエフェクトを描くことができる、というツイートがスゴイ発想だと話題です。

【完成したリアルなエフェクト入り画像】

 加工はとても簡単。まず横断歩道の白線がひび割れた部分を撮影します。画像をPhotoshopに取り込んだらヒビ割れの部分だけを選択してコピー、階調を反転させます。

 続いて、調整レイヤーのグラデーションマップから好みの色に合わせてパラメーターを操作するのですが、ビームと言えばやっぱりブルー系ですよね。

 その後は効果の周囲を黒く塗りつぶし、フィルタータブから「変形」→「渦巻き」で好みの具合に変形させたらほぼ完成です。ビームを加えたい画像や対象をレイヤーに追加してスクリーンで重ねていきます。

 このとき渦巻きに変形する前の画像をコピーしておき、編集タブから「変形」→「自由な形」でゆがませてから、重ねると“それっぽい感じ”が増します。

 この手法をTwitterで公開したイラストレーターの斉藤幸延@Yoshinobu Saito(@yonyon76)さんは、横断歩道の画像をベースに使用することについて「(自然に)ヒビが入っていることが多いのでオススメ」と説明。

 2万“いいね”や1万4000RTを超える反響については「RTいっぱいしていただいて大変うれしい」とつづっています。

 目からウロコの簡単エフェクト作成術。早速、横断歩道を撮影しに行きたくなってきました!

画像提供:斉藤幸延@Yoshinobu Saito(@yonyon76)さん

最終更新:10/5(水) 13:46

ねとらぼ