ここから本文です

赤西仁×山田孝之ユニットJINTAKAがデビューイベントで解散宣言、理由は「方向性の違い」

音楽ナタリー 10/5(水) 17:25配信

赤西仁と山田孝之によるユニット・JINTAKAがデビューシングル「Choo Choo SHITAIN」のリリース記念イベントを10月3日に東京・豊洲PITで開催した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

イベントは1日2公演行われ、シングル購入者の中から抽選で招待されたファンおよそ5000人が会場に駆けつけた。ステージに現れたJINTAKAは、デビュー曲「Choo Choo SHITAIN」の歌唱でイベントを開始。曲の後半ではステージ前方まで歩み寄ってコール&レスポンスを行い、会場の熱気を高めていった。パフォーマンスを終えた2人は「今からちょっとしゃべりTAIN」とトークコーナーを展開する。赤西は今回のイベント開催にあたり「意外にもこういうステージで歌ったのは初めてなんだよね。俳優だからとかシンガーだからとかではなくて、歌いたければ歌えばいいし、演じたければ演じればいいし、エンターテインメントの世界でやっているんだから、エンターテイナーであるべきだってことで一致したよね」と自身の思いを述べた。また2人は10代からの友人であること、一緒に映画を作ろうと盛り上がったことなど親交の深さがうかがえるエピソードを繰り広げた。

トークに続いて彼らはゲームコーナーに興じる。デビュー曲のタイトルにちなんだ“チューチューペロペロゲーム”や“ペロペロムラムラゲーム”といったゲームでひとしきり盛り上がったあと、2人は集まった記者との質疑応答に応じた。記者からの「映画での共演も観てみたいという声がありますが」という問いかけに山田が「もちろん考えてます」と即答すると、観客から大きな歓声が上がる。続いて記者に「JINTAKAの今後の予定は?」と聞かれると、赤西は「えーと、解散します」とJINTAKAの解散を突如発表。会場内に悲鳴のような声が沸き起こる中、彼は続けて「2枚目のシングルどうするってときに意見の違いもあって、方向性の違いで解散SHITAINと思いました」とその理由を説明する。一方の山田は「僕は『次のシングルはバラードがいい』って言ったんですが、仁が『ロックがいい』って言って。意見の違いが出るってことは合ってなかったってことだから、解散するしかないのかなって」と泣き声まじりに胸中を明かした。

赤西が「解散って重く捉えがちですが、前向きな解散ってことで。俺らは先を見ているし」と語ったあと、2人は10人のダンサーと共に再び「Choo Choo SHITAIN」を披露。にぎやかなパフォーマンスでイベントを締めくくった。

最終更新:10/5(水) 17:25

音楽ナタリー