ここから本文です

「キン肉マン」カレクックが主人公の読み切り、GJ5周年企画第1弾で登場

コミックナタリー 10/5(水) 17:29配信

ゆでたまごによる読み切り「キン肉マン 超人列伝 カレクックの巻」が、本日10月5日発売のグランドジャンプ21号(集英社)に掲載された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

これはグランドジャンプ創刊5周年を記念した「キン肉マン」のスピンオフで、かつてキン肉マンを苦しめたカレクックが、残虐超人になる以前の姿が描かれる。頭上に食べ物を載せることで力を引き出す格闘技「頭載格闘術(マーラレスリング)」の鍛錬に励む、インドの青年・シン。彼はある日、師匠から免許皆伝の条件として「これから1年間は怒りを我慢し、頭に何かを載せることも禁止せよ」と伝えられるが……。作品の冒頭12ページはニコニコ静画で公開されている。

なおグランドジャンプでは、このほかの5周年企画として本宮ひろ志、さくらももこ、長崎尚志×猿渡哲也、冬目景ほかによる新連載と、かわぐちかいじ、村上もとか、秋本治ほかによる読み切りを予定。さくらは10月19日発売の22号より「ちびしかくちゃん」をスタートさせる。

さらに5周年企画「GRAND TALKs」の第1弾として「地獄先生ぬ~べ~」シリーズの真倉翔、岡野剛と「暗殺教室」の松井優征による“教師マンガ”対談が今号に掲載。第2弾として11月2日発売の23号に高橋陽一とゆでたまご、第3弾として11月16日発売の24号に栗原正尚と甲斐谷忍の対談が登場する。対談は第5弾までの予定。

最終更新:10/5(水) 17:29

コミックナタリー